ページトップへ

防水リフォーム

防水とは?

防水とは、建物を雨漏りから防ぐ為に建物の中に水が入り込まないようにするしくみのことです。

 

防水は、建物を雨水、雪、紫外線などから保護する役目があります。

陸屋根、勾配屋根、バルコニーなど雨の掛かる場所には防水が必須です。

 

防水がしっかりと行われていないと、雨が漏るだけでなく、建物の部材の傷み等も発生しますので、建物全体の劣化を早めてしまう心配もあります。

 

改修時期に達している防水層を放置した場合、防水機能の低下だけでなく劣化が進行することにより、防水層を全面剥がしての改修を余儀なくされ、改修費用が増大することが考えられます。

 

建物の耐久性・コストから考えても、限界が来る前に防水改修を行う方がメリットがあります。

 

<屋上防水改修工事>

 

<ベランダ防水改修工事>