ページトップへ

防水リフォーム

防水とは?

防水とは、建物を雨漏りから防ぐ為に建物の中に水が入り込まないようにするしくみのことです。

 

防水は、建物を雨水、雪、紫外線などから保護する役目があります。

陸屋根、勾配屋根、バルコニーなど雨の掛かる場所には防水が必須です。

 

防水がしっかりと行われていないと、雨が漏るだけでなく、建物の部材の傷み等も発生しますので、建物全体の劣化を早めてしまう心配もあります。

 

改修時期に達している防水層を放置した場合、防水機能の低下だけでなく劣化が進行することにより、防水層を全面剥がしての改修を余儀なくされ、改修費用が増大することが考えられます。

 

建物の耐久性・コストから考えても、限界が来る前に防水改修を行う方がメリットがあります。

 

<屋上防水改修工事>

<ベランダ防水改修工事>

 


 

屋上防水改修工事

屋上の防水層は常に、紫外線・熱・雨など、さまざまなダメージを直接受け続けており、年月と共に防水機能も徐々に低下してしまいます。

 

色あせ程度でしたらトップコートの塗り替えで済みますが劣化がひどい場合は防水改修工事が必要となります。

 

屋上に、こんな症状はありませんか?

  • 現在、雨漏りが発生している
  • ドレン(排水溝)部に土砂が溜まっている、または植物が生育している

 

  • シートのつなぎ目に隙間ができている (シート防水の場合)

 

  •  水溜まりになっている

 

  • 外周の腰壁面の上(笠木面)にひび割れがある

 

  • 表面の一部がふくれている

 

など、他にも防水の工法によりさまざまな症状があります。

あなたの建物の防水層は大丈夫でしょうか?

もし該当しているようでしたら専門家による調査診断をご利用下さい。

 

お問い合わせはこちらから


ベランダからの雨漏り

ベランダも屋上と同様で常に風・雨・熱などに晒されているため、腐食や破損が多い箇所です。

 

歩行面は特に摩耗による劣化もありますので普段から点検していただくと良いと思います。

使用されている防水層の種類にもよりますが大体10年くらいがメンテナンスの目安といえます。

 

特にベランダの下にお部屋があるお家はベランダの防水層の劣化により雨水が部屋の中に浸入する場合もあり、お家へのダメージが深刻になってしまいます。

 

<ベランダ下の1階の部屋への雨漏り>

ひび割れやめくれ、浮きやドレンの詰まりがひどい場合は経過年数は関係なく、早急な防水改修工事が必要になる場合もあります。

 

建物を傷めないためにも、ご自宅のベランダの床を定期的にチェックしてみて下さい。

 

お問い合わせはこちらから