ページトップへ

板金リフォーム

板金とは・・?

「板金」といっても普段あまり馴染みのない言葉かと思います。

「板金」とは金属の板を加工した物で、さまざまな現場で使われています。

 

「板金」を使った建築部材はとても幅広く、屋根材、樋、ダクト、水切の施工などに使われており、大切な住宅を守る大事な仕事を果たしています。

 

<おもな建築板金>

屋根材:折板屋根・波板屋根・金属瓦等

外壁材:角波・波板・金属サイディングなど

樋:谷樋部分など

その他、細かい水回り部分

 

板金は、住宅には欠かせない存在です。

 

屋根リフォームで使われる板金について下記をクリックして頂くと、

説明がご覧になれます。

 

<立葺き屋根>

 

<横葺き屋根>

 

<板金を使った雨仕舞>

 

無料調査も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら


 

立葺き屋根

非常に軽量で建物の負担も少なく、見た目もスッキリとしているためリフォームでも人気のある屋根材です。

 

屋根のてっぺんから軒先まで1枚の板になっているので雨漏りのリスクが少ないのも特徴です。

 

雨水も縦方向に流れていきますので雨じまいにも優れており、緩やかな勾配の屋根にも使用できます。

 

 

<工事の流れ>

屋根合板下地を施工します。

 

屋根ルーフィングシートを張ります。

 

立葺き屋根材を張ります。

 

<施工後>

 

お問い合わせはこちら


横葺き屋根

こちらも立葺き屋根同様に非常に軽量な屋根材です。

立葺きとはまた違った印象です。

材料同士が重なる部分の厚みが薄いため、シンプルでスタイリッシュな外観に仕上がります。

 

横葺き屋根は、軒先から屋根材を葺いていきます。

そのため横葺き屋根材は勾配が緩い屋根には施工が出来ません。

緩い勾配の屋根ですと激しい雨の日などは雨が吹き上がり、屋根内に雨が入ってしまう事で雨漏りが起きてしまう場合があるからです。

 

勾配を見て、適切な屋根材を正しく施工することはとても重要です。

屋根の知識を持たない業者が勾配の緩い屋根に施工を行ってしまい、雨漏りが起きてしまったケースも実際にありました。

 お問い合わせはこちら


板金を使った雨仕舞い

雨じまいとは、建物の中に雨が入る事を防ぐこと、そして適切に雨水の流れる経路を作る事を言います。

 

多くの雨じまいは、板金を使い行われます。

周辺部材に合わせ、板金を加工し施工を行います。

 

<雨を防ぐ板金雨じまい>

 

棟と外壁の取合部に板金を取付けています。

 

さらに上から板金を重ね、接合部にはシーリングを行います。

 

他にもベランダ廻りなど、細かい箇所の雨仕舞にも板金は活躍します。

このような複雑な取合部分も板金加工によってしっかりと雨漏りから守ります。

 

お問い合わせはこちら

 

<雨の流れる経路を作る雨じまい>

 こちらは、捨て水切というものです。

屋根内に水が入り込んだ場合にも、屋根内部に捨て水切を施工する事により、雨水がこの捨て水切を通り軒先へと流す事が出来ます。

 

こちらは、谷樋から捨て水切へと雨水が流れるように雨じまいを行っています。

 

さまざまな雨じまいがあります。

目立たない部分ですが、板金が細かい箇所も雨水からしっかりガードしています。

 

お問い合わせはこちら