ページトップへ

雨漏りとは?

雨漏りとは?

ポタポタと雨音がする

雨漏りを起こしていると、漏れた水が天井裏に落ちるので、上からポタポタと音がする場合があります。

放置してしまいますと、建物内部の木などの部材がカビで劣化してしまうため、早急な対処が必要です。

特に強い雨の日はポタポタ音が強くなります。

一度音が聞こえるか注意してみてください。

 

 

天井に雨染みがある

このような染みが出てきている場合は雨漏りの可能性が高いです。

屋根などから入ってしまった雨水が、天井に漏れ出てしまっている状態です。

部屋まで漏ってしまっているという事は建物内部の劣化も進んでいる状態ですのですぐに対策をする必要があります。

ただ、必ずしも 染み=雨漏り というわけではありません。

そうでないケースも中にはあります。(結露や真上が浴室やトイレの場合など)

調査で原因を突き止める事はできますので、不安でしたら一度専門家による調査をおすすめします。

 

雨音がうるさい。これって雨漏り…?

大きく分けて屋根は住宅に使用されている屋根の多くはこの3種類です。

  • 瓦屋根
 
  • カラーベスト屋根
 
瓦屋根・カラーベストの場合は、雨音がうるさいのは雨漏りの可能性があります。
 
天井裏に雨水が浸入し音がしているものと考えられます。
 
  • 金属屋根
 
金属屋根の場合は、雨の跳ね返り音や製品の反り、または伸縮の可能性もあります。
 
・太陽光発電パネルの取付をしたら雨漏り屋根専門の業者ではない他業種の業者が屋根に適していない施工を行ったことで雨漏りが発生したケースです。
 
<例>
本来の瓦と施工不良の瓦
 
太陽光パネルを屋根面に取付ける金具を施工する際に不備があり瓦と瓦の間に隙間が空いてしまいました。
 
また カラーベスト屋根のお宅などでは下地面まで貫通する穴を開けてしまい雨漏りする様になった、という事例もありました。
 
専門の業者がしっかりと責任を持った施工を行ってくれているかが重要です。
 
・雨漏りは塗装で何とかなる?
 
雨漏りしているかしていないかは現地調査での目視、及び散水試験で必ず分かります。
 

雨漏り=塗装で解決 

とすぐに判断してしまう業者さんは注意した方が良いかもしれません。
 
築年数が経っていたり表面の屋根材の状態によっては、塗装を行えないケースもあるからです。
 
・雨漏りを予防するには?
 
建物の雨漏りの原因は大部分が建物の経年劣化によるものです。
 
寿命を過ぎ老朽化した外壁や屋根などは、どんどん雨に対する耐性を失ってしまいますので定期的にチェックを行う事で、深刻な雨漏りを予防する事が出来ます。
 
中には応急処置としてご自分で行われる方もいらっしゃいますが、これはあまりおすすめできません。
 
適切な処置が行われていない場合、他の箇所の劣化にもつながる恐れがあります。
 
大規模改修が必要になってしまうと、より大きな費用がかかってしまいます。
 
メンテナンスの時期に的確なメンテナンスを専門業者で行うことがとても重要です。
 
 
ご自身でも簡単なチェックをすることもできます。
 
  • 外壁にひび割れや変色はないか
  • サッシと外壁の繋ぎ目にシミなどがないか
  • 壁や床が濡れていないか
  • クロスにカビが生えていないか 
  • 押入れの中がカビ臭くないか  
  • 天井にシミのようなものがないか   
 
など、一度確認してみて下さい。
 

もし気になる箇所が一箇所でもあればご相談ください。