ページトップへ

漆喰塗り替え

漆喰塗り替え補修

漆喰の補修

屋根にとって大事な役目を持つ漆喰。

断熱効果・調湿効果・吸音効果などの効果があり、古来から使われています。

 

漆喰は二酸化炭素に反応し硬化する作用があります。

経年劣化が進むと状態がどんどん悪くなり、硬化しボロボロになってきます。

また、雨水が棟やのし瓦などの内側に入り、漆喰を破って出てくるので、漆喰が剥がれてきたら 大半雨が入っている状態です。

 

工事前

漆喰が劣化し、剥がれています。

 

劣化した漆喰を削り取り、新しい漆喰で補修を行っていきます。

 

補修後です。

 

漆喰は厚く塗り過ぎてしまうと、逆に漆喰が雨水を屋根の中に取り込んでしまいそれが雨漏りの原因となる事もあります。

漆喰の補修は非常に技術のいる作業です。

業者に頼んで補修したにも関わらず施工不良で雨漏りしてしまったお客様も少なくありません。

 

当社ではもちろん丁寧・きっちりと補修をさせて頂きます。

安心してお任せ下さい。

 

お問い合わせはこちらから