ページトップへ

雨樋リフォーム・修理

雨樋リフォーム

雨樋リフォーム

 

軒樋の修理

 

樋の主な破損原因には、  

・経年劣化によるもの  

・雪や台風によるもの 

・落ち葉やごみのつまりによるもの  

・伸縮による変形・割れ 

などがあります。

 

雪により樋が曲がってしまった状態

 

 

コケが生育してしまっている状態

 

 

集水器(マス)の部分が割れてしまった状態

 

 

普段あまり気にする事のない樋ですが、雨を軒先で受け止め、地面に流すという大事な役割を持っています。


樋が詰まったり、割れてしまうと、雨水が適切に流れなくなってしまい、行き場がなくなった水が溢れてしまいます。

 

溢れた水が外壁にかかってしまい汚れとなったり、劣化を早める原因となることも…  

 

また割れているのを放置していても同様です。

他の箇所に影響が出てしまう前に早目の対処が必要です。

 

気付きにくい箇所ではありますが、目で見える範囲で一度チェックをしてみて下さい。

 

<実際の雨樋の取換え工事の流れはこちら>

<雨樋落ち葉よけネットについてはこちら>

 

無料調査も承っております。

お気軽にご相談下さい。

 お問い合わせはこちら

 


〜雨樋の取換え工事の流れ〜

軒樋取替え工事の様子

 

 ①足場をかけます

 建物や箇所によっては、 足場が必要になる場合があります。

 

②既設の樋の撤去

 破損した樋を取り外します。

 

③軒樋の金具の取付

 軒樋を施工するための金具を取付けます。

 以前よりも軒樋を支える金具の数を増やしました。

 金具と金具との間隔を狭くすることによって強度が増し、雪害対策になります。

 

④新しい軒樋施工

 金具を取付けた後新しい軒樋を取付け、完工です。

 

竪樋の取替え

 

①既設竪樋の撤去

 既設の竪樋を取り外し、 新しい竪樋を取付ける為の専用金具を施工します。

 

 

②金具取付・シーリング

 金具の取付け箇所(根元部)にはシーリングをし止水します。

 

 

③新規竪樋の取付

 金具を取付けた後新しい竪樋を施工します。

 

④完工

 樋が排水に接続されました。

 竪樋の取替え工事 完了です。

 

お問い合わせはこちら

 


落ち葉よけネット

毎年秋から冬にかけて雨樋の詰まりでお悩みの方から多くお問い合わせを頂きます。

ご自宅の側に隣接して木立や竹林があり、軒樋に落ちた枯れ葉などが樋に溜まってしまう事が原因です。

 

樋に砂や落葉などのゴミが詰まってしまうと雨水があふれてしまい、本来の樋の役目を果たせなくなってしまいます。

 

樋も傷みますし、周辺の外壁も雨水によって汚れてしまったり被害は広範囲に渡る事も…。

しかし樋を定期的に自分で掃除するのも、とても手間がかかり大変です。

 

そこで落ち葉対策として落葉よけネットの施工をお勧めしています。

 

取付ける事により、雨水だけを通すので、排水障害を防止します。

 

また落葉だけでなく、鳥が軒樋の中に巣を作ることによって起こる樋の詰まりの被害もあります。

ネットの取付けにより、巣を作る事ができなくなるため鳥の巣の対策も行えます。

 

工事はシンプルなものですが、 後付けで施工することが難しい場合もあります。

工事を行う建物の構造や、樋の長さ、樋を留め付ける金具によって値段は全く異なります。

また、軒樋によっては取付けができる物とできない物がありますので、一度私たち専門家にご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちら