ページトップへ

外壁リフォーム

 

外壁は屋根同様、住宅の中でも比較的劣化しやすい部分です

 

修繕時期を過ぎた状態で放置してしまうと雨漏りが起こり、コケやカビが発生し建物の劣化の原因にもなります。

 

外壁は屋根に比べて目で見やすい箇所になりますので、ぜひ外壁の状態を確認してみて下さい。

 

  • 外壁にひび割れ(クラック)はありませんか?
  • カビなどで汚れていませんか?
  • 壁を触ると指に白い粉がつきませんか?(チョーキング)
  • その他の気になる傷みはないでしょうか?

 

築年数が経っている場合は、ある程度の改修は必要になります。

築年数・劣化の度合いに合わせ、いろいろなリフォーム方法があります。

 

施工面積が多い部分なので費用はかかってしまいますが、先々のメンテナンスを考えて外壁材を選ぶ事も重要です。

 

メンテナンスの少ない、高品質で丈夫な外壁材が、どんどん出ております。ぜひご相談下さい!

 

下記をクリックして頂くと、説明がご覧になれます。

 

<外壁張り替えリフォーム>

<外壁カバー工法>

<塗装は下地が命です>

<外壁 コーキングの切れ>

<撥水工事>

 


外壁張り替えリフォーム

既存の外壁をはがし、新しく外壁を張る工法です。

費用はかかりますが、下地の様子も確認でき新しい外壁を施工する事によって耐久性ももちろん高くなります。

 

~外壁張り替えの流れ~

<工事前> 

壁面の窓廻りから雨漏りが発生していました。 

 

既設の外壁を撤去します。

 

防水シート・胴縁を施工します。

防虫通気部材も施工されています。

 

新しい外壁を張ります。

 

<工事後>

 

既設の外壁との繋ぎ目もしっかりと施工されています。

 

ご相談はこちらから

 


外壁カバー工法

 

外壁は張り替えの他に、カバー工法という方法もあります。

外壁カバー工法とは、既存の外壁材ははがさず、上から新しく外壁材を施工する工法です。

解体手間がなく、環境に優しく経済的で、お引越しの必要もなく工事が行えます。

 

 

~外壁カバー工法の流れ~

<工事前>

 

既設の外壁に胴縁(木下地)を取付ます。

 

サッシ廻りに水切を取付けます。

 

 

新しい外壁材(板金材:角波)を張ります。

 

周辺の取合の処理もしっかりと行います。

テープで養生し、シーリングを塗布している様子です。

 

 

<工事後>

工事完了です!

 

ご相談はこちらから

 


塗装は下地が命

 

外壁の塗装工事ですが、「塗るだけ」ではなく、大事になるのは下地の処理!

屋根と同様、外壁も下地が劣化していると塗料を塗り直しても、すぐにまた塗り直しや改修工事が必要になってしまいます。

外壁塗装の耐用年数は下地で決まると言ってもいいほど重要です。

 

塗る場所や材料によって下地の補修は様々です。

 

 

【外壁のクラック補修】

外壁のひび(クラック)が入ってしまった場合、建物の構造には影響しない範囲のひび割れでも放っておくと雨漏りなどの原因になりますので補修を行いましょう。

 

外壁 クラック補修(小)

小さなひび割れは専用の補修材でそのまま補修します。

 

外壁 クラック補修(大)

 大きなひび割れはVカット・またはUカットで補修します。

 一度切り込みを入れてからシーリングを 充填するというものです。

その切り込みの入れ方が V字・U字なのでこのような名前がついています。

0.3mm以上の幅のひび割れですとVカット、さらに幅が広いひび割れ(1mm以上)はUカットで補修します。

 

補修前

 

切り込みを入れます

 

周りを養生し、シーリング剤を密着させる為 プライマーを塗ってからシーリング剤を充填し、表面を均して 仕上げます。

 

 

【下地作りの例】

外壁:トタン

下地清掃・錆び止め塗装

 

 

上塗り塗装をします。

 

 

外壁:モルタル面

微弾性フィラーという下地調整材を塗布します。

 

 

外壁:モルタル面

シリコン塗料 中塗りを行います。

 

 

シリコン塗料 上塗りを行います。

 

鉄部:

錆を落とし、下地面の清掃をします。

  

 

錆び止め塗装を行います。

 

ご相談はこちらから

 


外壁 コーキングの切れ

コーキングの切れにご注意を!

サイディングとサイディングの間の継ぎ目は「目地」と呼ばれ、この目地にはコーキングが施工されています。

 

北側よりも、紫外線が強い南側の外壁のコーキングのほうが比較的劣化が早くなります。



こちらをご覧下さい。完全に目地が切れてしまっている状態です。

 

この状態を放置していると、ひび割れた目地から雨水が入り、雨漏りの原因となることもあります。

内部の建材に雨水が入ってしまうと大修繕になりかねません。

 

そのためにもコーキング劣化が見られる場合、打ち直しが必要となります。

外壁を塗装リフォームする際は、一緒に打ち直しを行うことをおすすめしています。

 

 

<コーキング施工の様子>

既存のコーキングを撤去します。

 

 

目地からコーキング材がはみださない様、マスキングテープで周辺の養生を行います。

 

サイディングの目地底となる部分にはボンドブレーカー(赤色の部分)を使用します。

コーキングが底面(建物の構造部と接する部分)に接着してしまうと建物の伸縮に耐えきれずコーキングが切れてしまうためです。

 

目地の底面にはコーキングが付かないようにボンドブレーカーやバックアップ材を使用し、サイディングとサイディングのみを接着させるように施工します。

 

コーキングを目地に施工後表面を均して仕上げます。

 

施工後、速やかにマスキングテープを剥がして完了です。

 

完了

 

ご自宅の外壁のコーキングは大丈夫ですか?

劣化が見られる場合は早目の修繕をお勧めします。

ぜひご相談下さい。

 

ご相談はこちらから


撥水工事

 

撥水工事について

撥水工事は、

シランコートL という撥水層を作る材料を使用して工事していきます。

今回はレンガの撥水工事をしています。

(他にも打放しコンクリート、モルタル等の素材に使えます。)

レンガの中に浸透して吸水防止層を作ります 。 

浸透する形の工事をしているので塗膜層を作らずに、水の浸入のみを防ぐことができるので、通気性を保つことができます。 

無色透明のため、素材の材質感を損なわず、水を弾く様になります。

 

どれぐらい撥水しているかは、Youtubeにも上げさせていただいてるので、確認できます(確認はこちら)

 

ご相談はこちらから