ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

屋根、樋、外壁などをリフォームした後のメンテナンスや、経年劣化への対応はどうしたら良いか疑問に思っている方もみえると思います。

また、施工箇所とは違うところに問題が出ているかもしれません。

 そんなお悩みを解決するために、施工後定期的に(工事により1年、3年、5年~10年)お客様のもとに伺い、工事施工箇所の点検(アフターメンテナンス)を実施しています。

現場を担当した職人がお客様のもとへ伺い、施工箇所を確認、点検し、今どのような状態にあるかをご報告します。

例えばベランダの防水ですと、工事してから五年も経つと表面の仕上げ材が劣化し始めますので、点検の際に確認し、表面の仕上げだけ行うと、工事金額がかなり押さえられますし、防水層もかなり長持ちします。

工事施工箇所以外でもご不安な箇所があれば合わせて点検させていただきます。

 

リフォームをお考えの方は工事をして終わり。

ではなく、アフターメンテナンスを実施しているかということも条件に入れて工事店を探してみると良いかもしれませんね。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全109ページ中)