ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

明日は市民講座となっています。

少し雨が降りそうですので、雨具などを持ち、安全にお越しください。

先月の台風で、屋根の棟が飛んでしまったという事例での新規のお問い合わせが数件ありました。

台風が来ると必ずと言って良いぐらいに、棟やケラバが飛びそうだとか、幕板が落ちそうなんてご相談が増えます。

なぜ棟やケラバなどの板金が飛んだり、幕板が落ちそうになってしまうのかと言いますと、これらは木下地に釘で止めつけしてある場合が多いからです。

経年劣化により、木下地が腐ってきて、釘が抜けていたりして、強風時に飛んでしまいます。

この棟や、ケラバを飛ばない様に修理改修するには、腐らない樹脂製の下地(人工木)を下地に使用して、なおかつ棟やケラバを留め付けするのも釘ではなくビス(ネジ)で留め付ける事により、強風時にも飛ばなくなり、かつ寿命も長くなります。

棟やケラバが強風で壊れて呼びそうなんて場合は、この様な方法で修理すると良いと思います。

板金が既製品で納まらない場合はもちろん、プロである僕におまかせください。

特殊加工にて各現場に合わせ、加工して取り付けます。

 

お困りでしたらエクステリアワーク・SKY山口までどうぞ。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全84ページ中)