ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

先日この東海地方にも上陸した台風21号・24号は、場所によってかなりの被害がありました。

「屋根の袖が飛んでしまった」「棟が飛んでしまった」とか、「この台風で雨漏りしている」と多くのご相談を頂き調査に伺いました。

その中で多く見られたのが、セメント瓦(モニエル瓦)屋根の建物でした。

タイトルにも書かせて頂きましたが、調査に伺い屋根がセメント瓦だと困ってしまうのです。

 

なぜこの瓦が困るかと言いますと、セメント瓦は輸入品で、もう10年ほど前にメーカーさんが潰れてしまっている為、瓦や棟・袖などの材料がもう世の中にないとからです。

大きさも、日本の瓦よりも袖なども長いので、使用する事ができません。

つまり代替え品がないという事になってしまいます。

部分的に4本だけ袖が飛んでしまったなどの場合でも、材料がないので、補修ができません。

雨漏りの修理をする場合でも同じです。

平瓦をめくらないと修理ができないのですが、めくる時に釘を抜くため、数枚は必ず割れてしまいます。

しかし割れてしまった瓦の代わりは無いのです。

僕らが困るのは、屋根でも雨樋でもそうなんですが、メーカーが潰れていたり、商品が廃盤になっている場合、部品や材料がないので、

部分改修が出来ないという事です。

屋根材を選ばれる時には、そのメーカーさんや、現在の屋根材の評判なんかをしっかりと調べてから、選ばれると良いと思います。

メーカーは潰れなくても、商品が廃盤になってしまう事も多々ありますので、新築時・リフォーム時にも屋根材選びはしっかりとして下さいね!!

 明日は、市民講座を関市にて開催させて頂きますので、宜しくお願い致します。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全113ページ中)