ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

弊社にお電話をいただいた際に「天井にシミがあるのですが・・・」というご相談をとても多くいただきます。

天井と言っても、普段全く入らない部屋にある、クローゼットの内側や物置部屋などにシミができている場合が多いです。押し入れの中ですと服や座布団、布団などが湿っているということもよくあります。

天井に断熱材が入っていますとカビの原因に。

入っていないと、カビだけでなく、シミもできていた、ということになってしまいます。

築年数が40年以上ですと断熱材が天井に入っていない建物も多く、これらは屋根から雨水が入るとすぐに天井にシミができるため、比較的気にしていたらすぐに見つけることができます。

近年の建物は天井にグラスウールと呼ばれる綿のような繊維質の断熱材が入っているため、一旦雨水が入っても、この断熱材が雨水を吸ってしまうので雨漏り初期の段階で発見することは難しいのですが、吸いきれなかった雨水が天井にシミを作るため、カビなどで黒くなってしまいます。

もし黒くなっていましたら、雨漏りを疑いましょう。

一度、室内の天井等にシミ・カビがあれば、早めにプロに診断してもらうと良いと思います。

 明日は市民講座を開催させていただきます。

台風が近くに来るようですので、来られる際はお気をつけてお越しくださいね。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全115ページ中)