ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

外壁のALCについてお話しします。

鉄骨造の3F建て等、戸建て住宅でもこのALCは広く使用されています。

断熱効果も高いですし、外壁材の中でも高級品の位置付けだと思います。

100ミリ厚の商品は、1Fから2Fの梁まで縦貼りで一枚で貼ることができます。

幅はいろいろありますが、一般的には60cmとなります。

60cmごとに縦目地があり、仕上げとしてシーリングが打ってあります。

このシーリングは経年劣化により、10年を過ぎてくると、切れたりひび割れをします。

サッシ廻りや開口部廻りのシーリングも同じく劣化により切れたりしますので、シーリングの改修が必要になります。

住宅用の外壁の下には、防水シートが貼ってあり、仕上げ材から雨水が入っても室内に入ることはありませんが、この100mm厚のALCの下には、防水シートが貼ってない(貼れない)ですから、経年劣化により大きなクラックが入りますと、そこから雨水が入り込み、雨漏りになってしまいます。

外壁塗装改修をする場合は、予めシーリング改修とこのクラック補修をしておくことが必要になります。

雨漏りになる前に早めに点検されることをお勧めします。

ご相談は私、山口までどうぞ!!

  

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全115ページ中)