ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

カバー工法とは既設の屋根の上に新しい屋根材を張る工法で、カラーベストや板金屋根など多くの屋根に行うことができます。

特に15年以上前のカラーベストには、有害物質指定されているアスベスト(石綿)が入っているので、全てを撤去する工事になりますと、撤去費用も産廃費用も通常のものより高額になりますので、カバー工法をお勧めします。

アスベストを含んでいないカラーベストの場合でもカバー工法では既設の屋根材を撤去する必要がないため、産廃費用を節約することができますし、カラーベストが断熱材の役目も果たします。

 

下地の補修工事ができないため、下地が傷んでいるとカバー工法はできません。

雨漏りなどの問題が起きていなくても、築20年くらいがカバー工法を行うタイミングと言われています。

築20年以上経過していて今まで塗装などのメンテナンスをされていないお家は、一度屋根の専門家に点検をしてもらいましょう。

 

画像は既設のカラーベストに新しい下地となる合板を貼り付け、新しい屋根材を張る準備をしている所です。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全84ページ中)