ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、現場の杉田です。

今日は実際は岐阜県瑞浪市で瓦の葺き戻し工事をしてます。

先週までの工事が終わったので今日は、そちらをアップしようと思います。

工事としては勾配の緩い屋根に勾配の調整をおこないバルコニーを新品に取り替えの工事です。

付随して破風や樋も工事しました。

昔し流行ったんでしょうか?

私もこのような工事をさせて貰うのは数回目になりますね。

今では緩い勾配の屋根には適さないとされている横葺き屋根や、仕様をかえれば施工可能なたて葺き屋根などの上に、後載せのバルコニーがのってる場所になります。

水が上るってわかりますか?

厳密に言えば吸い上げによる漏水ですね。

勾配や高さなどがあれば下へ切れて行く水も立ち上げや勾配が少ないと、表面張力や毛細管現象などで水を吸い上げちゃうんですね。

当時の基準などが甘かったのか工務店さんの認識不足なのか結構不具合が多いようです。

1度ベランダの屋根など見て勾配が少なかったりしたら注意されるといいと思います。

さて写真は前回の写真から屋根の清掃も終わり水切りも取り付けバルコニーも終わった所です。

スッキリ綺麗に納められたと思います。

次回は今日の屋根工事もアップしたいと思います。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全84ページ中)