ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は防水工事について説明させていただきます。

屋上、ベランダの下のお部屋、雨漏りしていませんか?

調査に伺わせて頂くと屋上、ベランダの防水層の劣化、または排水ドレンの詰まりが原因で雨漏りしているお家も多くあります。

屋根だけでなく防水層も定期的にメンテナンスが必要になります。

 

雨などから私たちの生活を守ってくれる防水層ですが、雨、風、雪、強い日差しなどを受けてだんだん痛んで来ます。

一般の住宅に使われている防水は種類にもよりますが、10年弱が、耐用年数と言われています。

防水層が劣化しできたほんのわずかなひび割れに雨水が入り込み、下地まで劣化してしまう事があります。

比較的良好な状態で改修を行う場合は、既存の防水層の種類にもよりますが、既存の防水層を撤去する事なく改修工事ができるので、費用を抑えることができます。

下地からのやり替えとなると、かなりの費用がかかってしまいます。

 

防水層も屋根同様10年を超える前に、一度点検をしてみると良いかもしれませんね。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全98ページ中)