ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

太陽光発電は、今では新築住宅のほとんどの家に設置されています。

国の補助金もあり、この10年間ぐらいで、一気に普及してきました。

システム本体も発売当初からすると、価格も随分と下がって設置しやすくなってきています。

最初の頃はシステムも高値でしたが、売電価格も高値でした。

しかし現在では随分と売電価格も下がってきてしまっています。

住宅用の太陽光発電は、固定の買い取り制度を使う事で、10年間売電できる権利と売電価格が保証されています。

電力会社各社と国の取り決めにより、太陽光発電を設置する人に10年間の長期的な経済性を確保するものです。

しかしながら、この制度がスタートしたのが2009年、つまり2019年には売電できる権利と売電価格の保証が失われてしまいます。

現時点ではその後どうなるかは明らかになっていません。

経済産業省の見解では、売電価格を11円/kwhにするとしています。

また、蓄電池を設置して、昼間発電した電気を夜間に使用するのも一つの方法です。

現在は蓄電池はまだまだ高価ですが、この問題により、設置数が増えれば、価格もパネルのように安くなってくるとは思いますが・・・

2019年以降、固定費取制度が終了する世帯は、方法を考える必要があると思います。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全113ページ中)