ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

天気も暖かくなり、春が近づいてきていますね。

今インフルエンザが流行ってきていますので、手洗いうがいを心がけると良いかと思います。

先日、新規のお客様の雨漏り調査した時の事例を紹介します。

陶器工場の倉庫ですが、今は事務所として使用されていて、築30〜40年は経っていると思います。

2階に雨漏りするという事で屋根に登らせていただき、調査しました。

原因はというと、新築時からの雨仕舞いの収まりが悪いための雨漏りでした。

お客様は中古物件を買われて改修し、会社の事務所として使用されている様です。

2階に上がってみると、折板の裏貼りの断熱材の接着が剥がれてめくれている状態でした。

室内を今後、内装するという事でしたが、このままでは冬場に結露して雨漏りと同じ様になってしまいます。

既設屋根が88折板で、塩ビ鋼板でした。

屋根にあちこち錆が出始めているため、塩ビ鋼板材は、塩ビの部分とトタンが剥離してきてしまってます。

塗装では、元の塩ビが剥がれてきてしまうため、意味がありません。

そこで既設屋根に断熱タイトフレームを取り付けて、グラスウールt=100を敷き込んで同じ88折板を貼り、カバー工法にて改修する御見積りをしました。

この工法ですと、断熱材を入れる事で、室内を今後内装しても結露を防ぐことができます。

色々な事例がありますが、間違ったご提案では御悩みは解消されませんのでご注意を!!

御悩みがございましたら、山口までどうぞ!!

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全115ページ中)