ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

季節ももう春になってきましたね。

お昼頃には暖かい日が増え、過ごしやすくなりそうです。

この時期の新規での調査で多いのは、普段は雨漏りしてないけれど、春のこの時期に強風を伴う大雨が、短い時間に集中して降ると、雨漏りするというお問い合わせです。

その中でも多いのが、増築などをした建物の繋ぎ目に箱樋が入っている場合に、そこから雨漏りするというものです。

強風で箱樋の立上り部にある隙間から雨漏りしてくるとか、集中した雨が両側の屋根から一つの箱樋などに集まってきて、オーバーフローしたりするとかです。

長年に渡り、落ち葉やゴミを放置していると、当然落ち葉が蓄積してしまい、箱樋の深さが元々15センチもあるのに、10センチはゴミが詰まっているため実際は深さが5センチの樋と、同じ集水量しかなく、オーバーフローしてしまうのです。

春からはまた雨が降るシーズンに入ってきますので今一度、樋の清掃、ベランダ・バルコニーの排水溝など点検した方が良いと思います。

高所ですと危険も伴いますから、僕に連絡してくださいね。

無料点検に伺います。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全106ページ中)