ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

昨日の休みから1日あけての二日休みですね。

もう冬にも入り始め冷え込みますので、

寒さに負けない様準備をしておくと良いかもしれませんね。

今回は屋根の材料についてお話ししますね。

うちでお客様が屋根の改修をされる時にどんな屋根材料が人気かと言いますと、

一番人気はデクラさんの、セネター・コロナ・ミラノ、この3つです。

どの様な屋根材料かを簡単に説明します。

この屋根材は、

ガルバリウム鋼板の上に天然石チップが貼り付けてある物です。

1970年の大阪万博ニュージーランド館に使用されていた屋根材料です。

屋根の材料保証が30年も付いていまして、

ニュージーランドの本国では何と屋根の材料保証が50年も付いています。

すごいですよね。

このガルバリウム鋼板なんですが石がついているため、

海沿いでの施工した場合にもしっかりと保証してくれます。

坪辺りの屋根の重量も23kgと軽いです。

型、値段によりまちまちですが、一度屋根を改修すれば、

ほぼ一生メンテナンスが必要ないのが最大のポイントです。

しかし、似た様な商品も数多く出回っていますから、注意して下さいね!

デクラに登録してある施工工事店が施工した物件に対してのみ、

30年の保証書が発行されます。

登録されていない工事店さんが施工しても30年保証書は発行されませんので、

特に注意して下さい。

今の時代は30年間も屋根材料に保証が出るのですね。

記事一覧 | 2017年11月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /

1ページ (全3ページ中)