ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

屋根など雨漏りしている場合には何社かの業者さんでお見積をされると思います。

屋根の仕上げ材料によって工事金額がかなり違うことは当然ですが、確認して欲しいのは、屋根材の下にある下地材です。

カバー工法や、屋根の葺き替え時にも、既設の野地板の補強は大事です。

雨漏りがしている場合や、カラーベスト屋根で塗装改修をすることなく、20年以上経ってしまっている場合などは、構造用合板などを既設屋根全面に貼って下地を補強します。

屋根の中に雨が入っている場合は、野地板の受けになっている垂木なども補強します。

例えば、仕上げ材が30年保証であったとしても、築年数が20年以上経っていたとしたら、木下地は新築時から計50年以上経ってしまう事となります。

また、防水シート(ルーフィング)も同じく、その工事をする時には、性能の良い防水シートを使用された方が良いと思います。

みなさんには屋根を張ってしまえば見えない部分になるとは思いますが、見えない=取り替える事ができない・・・という事になっております。

見えない下地ですが、長く屋根を持たせるためには重要なポイントとなりますのでお知らせしておきます。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全103ページ中)