ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

みなさんのお家は屋根の表面の塗装が剥げたり、苔が生えたりしていませんか?

築年数が経ってくると屋根の表面が劣化し、塗装が剥がれてしまい、水を吸ってしまうようになります。

そうすると屋根に水気(水分)が溜まり、やがて苔が生えてきてしまいます。

苔は水気のある所にしか生えません。

一番太陽の光が当たって、暖かいはずの屋根に水気がたまってしまうということは、かなり屋根が劣化していると言えます。

また、そのままにしておくと雨漏りの原因になってしまいます。

屋根に登って確認することは危険が伴いますので、遠目から見て色が変色している箇所があれば、専門の業者さんに調査をお願いしましょう。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全109ページ中)