ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

1月に入り雪が降り始めましたね。

そこで今回は雪が原因の雨漏りについてお話ししようと思います。

雪が屋根に積もり、その雪が溶けて雨漏りする事を「すが漏れ」と言います。

原因は室内と外の気温差です。

屋根の暖かい部分(部屋の上部分)で溶けた雪は水になって軒先へと流れていきます。

その流れていった水が軒先で冷えて氷になります。

つららなどがそうです。

この氷が軒樋を塞いでしまい、順番に溶けてきた水が行き場を失い、屋根の内側に染み込んできます。

結果木材が割れてしまったり、腐ってしまいます。

 

「すが漏れ」の対策としては断熱材で室内の熱を遮るなどがあります。

冬、雪が降ると雨漏りするというお宅はこの「すが漏れ」が原因かもしれませんね。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全106ページ中)