ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は家の寿命について説明したいと思います。

お家には寿命が色々あります。

築10年未満で雨漏りをしたというお客様のご依頼と、築年数が経っていても雨漏りしていない丈夫なお家もあります。

築10年未満のお家は外観で見たところはまだまだ新しいのですが、施工不良が原因で雨漏りが起こってしまっているお宅がほとんどでした。

雨漏りする家としない家の差は何なのでしょうか?

大切なのは、どういうものが使われていて、どういう施工がされているかだと思います。

特に屋根の下葺き材(防水シートや下地)などは見えない部分になりますので、ランクを落とし費用を抑えている業者さんも数多くあります。

また、雨水の流れをうまく作れていない、防水テープなどが施工されていない、などの施工不良もあります。

 

外から見える屋根材・外壁材ばかりに目が行きがちですが、見えない部分に使われているものや、施工の方法が住宅の寿命に大きく関わっています!

 

しっかりと現状のお家の状態を確認させて頂きますので、気になる方はご相談下さい。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全88ページ中)