ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は笠木からの雨漏りについてお話ししようと思います。

下の写真のように、屋上の笠木のシーリングはしっかりされていますか?

この他にもベランダの笠木と外壁の取り合いシーリングもチェックしてみてください。

笠木のシーリングが経年劣化していますと、隙間ができていたり継ぎ目がむき出しになってしまいます。

そこから下地の防水処理が不十分な場合、最悪、建物の内部に雨水が侵入してしまいます。

また、笠木を留め付けている釘が浮いてきて、そこから雨水が入るというケースもあります。

「少しシーリングが古くなってきたかな?」

と思ったら雨水が中に入る前に打ち直しを行いましょう。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全101ページ中)