ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は重量が軽い屋根材についてお話しします。

「お家の築年数が経ってきたので、地震に備えて瓦から軽い屋根にリフォームしたい。」

というお声をよくいただきます。

屋根の重さは建物の耐震性能にも大きく関係するので、「重さ」は 屋根材を選ぶときの重要なポイントです。

最近ではそんなお客様のニーズに合わせて、さまざまな素材・デザインの屋根材がたくさん発売されています。

耐久性の高いカラーベストや、金属屋根も人気になってきました。

新素材の軽量瓦なども出てきており、メンテナンスが少なくてすみ、丈夫な物もたくさん出てきています。

 

築年数が経ち、リフォームをお考えになっているお客様のご住宅の大半は、土葺きの瓦屋根、石綿の含まれたカラーベスト屋根です。

ホームページに屋根材の紹介がありますので、今後屋根のリフォームをお考えの方は是非参考にしてください。

この写真の屋根材は、セネター(石付きの板金材)を使用しています。

このセネターという屋根材は、ガルバリウム鋼板に天然石のストーンチップを施した新しい屋根材です。

保証も材料品質保証30年、美観保証10年が付いていますので、安心してお使い頂けます。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全103ページ中)