ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

今日は台風時によくある事例を紹介します。

それは、アルミ製の車庫(カーポート)、洗濯干し場の雨よけの庇などの屋根が飛んだ、外壁が飛んだなどです。

庇の屋根材として取り付けしてあるポリカ波板は、プラフックと呼ばれるプラスチック製のもので、下地に留め付けしてあります。

アルミ製の骨組みでできている庇などの屋根は、貼り替え、部分補修する場合も既設と同じく、プラフックで留め付けしないと大変な事になってしまいますから注意して下さい。

プラフックではなく、鉄やステンレス製のフックで留め付けしてしまうと、屋根が骨組みに強固に固定されるため、屋根のみではなく、骨組みごと本体が飛ばされてしまうことになります。

プラフックで留め付けてあればフックが切れるので、屋根のみが飛んでいきます。

屋根が飛んでしまえば、風は抜けていくため、本体ごと飛ばされることを防ぐことができるので、被害が小さくすみます。

本体ごと作り直すよりも、当然屋根のみの修理の方が安くすみます。

ご自分でホームセンターなどで買って、修理をされる場合は注意して下さいね。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全111ページ中)