ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、山口です。

今回のような台風時や、風が強く、横なぐりの雨の後に調査のご依頼を多くいただきます。

普段は雨では雨漏りしないのに、どうしてその時だけ雨が漏るのかその原因の一つに、雨仕舞いがあります。

雨仕舞いとは、簡単に言いますと、屋根や壁など、建物表面や隙間の雨水を適切に処理し、不具合をなくすことです。

雨仕舞いが適切でない箇所、つまり意図せずに建物に仕込まれてしまった、目に見えない部分での不具合箇所から、雨水が室内へ侵入してしまうため、雨漏りしてしまうのです。

 

この意図しなかった雨漏りは、建物の瑕疵(欠陥)であり、それにより建物はリスクを抱える場合がございます。

そのため、新築工事の場合は瑕疵保険、雨漏り補修工事の場合は施工会社やメーカーの保証書がございますから、工事を契約される前に、保証について確認をすると良いと思います。

もしわからないような事があれば、お気軽にご相談ください。

 台風もまた近づいて来ておりますので、お出かけの際は十分注意してください。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全115ページ中)