ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は、シロアリについて説明したいと思います。

雨漏りをしている場所の柱や壁は、長い間放置していると雨水を含み腐ってゆき、柔らかく、脆くなります。

これらはシロアリの大好物です。

普段床下に生息しているシロアリですが、大好物の水分の多い木を見つけると室内や天井裏まで移動してきてしまい、徐々に柱を食べてしまいます。

コンクリートなども食べてしまうので、建物の耐久性・耐震性の低下に繋がります。

被害の酷いお宅では柱一本まるまる食べられてしまった、ということもあるそうです。

雨漏り箇所から家全体にシロアリ被害が広がることは珍しくありません。

もし規模は小さくても雨漏りなどしている箇所がありましたら、シロアリ被害に遭う前に早めの調査、補修工事をお勧めします。

これからの時期、どうしても雨期になってしまいますので、天井等にシミが出来ていないか確認してみると良いかと思います。

雨漏りに関して気になることがございましたら、気軽にご相談くださいね。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全106ページ中)