ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は葺き替え工事について説明します。

葺き替えとは既設の屋根材を撤去して、新しい屋根材を施工する工法です。

ほとんどの屋根に行えるリフォーム方法で、下地が腐食し耐震に余裕がないと判断される場合は、葺き替え工事となります。

葺き替えのタイミングは約築25年~35年と言われており、近年では地震対策として瓦から、軽量の屋根材に葺き替えを行う方も多く見えます。

ルーフィングなどの下地も屋根材と一緒に新しくすることができます。

大がかりな工事となるので工期、費用はかかってしまいますが、新築同様の屋根性能を得ることができ、お家自体の寿命を伸ばすことができます。

屋根のリフォームで葺き替えを考えて見える方は是非ご相談ください。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全84ページ中)