ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は棟カバーについて説明します。

棟カバーとは、棟部分に上から被る部材で、通常この下には木下地があり、それに棟カバーが留め付けられています。

この棟カバーは台風の後などに、「外れてしまった!」というお問い合わせがとても多い箇所です。

ほとんどの場合、経年劣化により中の木下地が傷み、留め付けていた釘が抜けてしまったのが原因です。

屋根のリフォーム工事の時などに、腐りにくい樹脂製の下地に取り換えることをお勧めします。

木下地と違い腐りにくい素材となっている為、ビスで留め付ければ抜けてしまうこともほぼありません。

釘が浮いてきていないか、見える場所だけでも確認しておくといいと思います。

実際に台風によって剥がれてしまい、木下地が割れてしまっている様子です。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全86ページ中)