ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

近年は、ゲリラ豪雨、爆弾低気圧や台風などが多いですね。

こういった大量の雨の時だけ、すごい量の雨水が室内に漏るという相談が最近たくさん入ります。

その場合、現地にて調査してみると、谷樋・箱樋が室内の天井の上に取付けしてあるという場合が多いです。

数十年前と近年では雨の量が全く違います。

谷樋・箱樋による雨漏りの場合は、短時間で集中的に降る雨が、雨樋の排水能力を超えてしまう為、排水しきれずにたまってしまい溢れてくる場合が多いです。

新築時に下地の高さ、幅的にも最大の寸法での樋が加工して入ってはいると思いますが、近年の想定外の雨量には対応しきれない為、谷樋、箱樋からのオーバーフローが起こります。

簡単な改修や修理では雨漏りが改善されない場合がほとんどです。

落とし口を増設するなど対応策はございますが、室内の天井も解体して、外壁も工事しないと出来ません。

この夏に雨漏りしてしまった場合や、この谷樋・箱樋から、オーバーフローで漏ってしまった場合は、これからの冬型の気候で雨も少なくなるるこの時期に、来シーズンに向けて早めの改修、修理をおすすめします。

何かお困りでしたら雨漏り修理の専門家までどうぞ。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全113ページ中)