ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は雨樋について説明します。

雨樋は、屋根から雨が伝わり、外壁の劣化、地面を削ってしまう事を防ぐ為につけられます。

屋根や外壁に比べますと樋は目立つ場所ではなく、重要度も低そうなイメージですが、雨水が樋を介さずに地面に流れ落ちると地面に溝を作ったり、建物の基礎や縁の下を濡らしてしまい、汚れや傷みでお家の寿命を縮めてしまいます。

最近多く見られる軒の出が少ないお家は外壁も濡らしてしまいます。

また、雪の重みなどで曲がっていたり、樋に落ち葉や小枝などが詰まっていると流れてきた雨水を堰き止めてしまい、

雨水が溢れたり、漏れたりする原因になります。

 

放置していますと少しの重み(落ち葉、小枝など)で、突然外れてしまったりと大変危険です。

軒樋は目視で確認しづらいと思いますので気になる方はお問い合わせくださいね!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全86ページ中)