ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回はウレタン塗膜防水についてお話ししようと思います。

ウレタン塗膜防水とは、現場で液状の防水材料を塗り、防水の膜を作る工法です。

フェンスや室外機、太陽光パネルの基礎があったりと、細かい作業の伴う屋上やベランダなどの防水に有効です。

 

お部屋の上にベランダがある場合は防水層が劣化してしまうと、雨がベランダの床から真下の天井裏に入ってしまい、下のお部屋に雨漏りが起きてしまうというケースが非常に多くあります。

普段なかなか気にしないベランダですが、屋根や外壁同様に直接風雨・紫外線によるダメージを受ける箇所です。

ウレタン塗膜防水は定期的にトップコートの塗り替えだけすれば、耐久性を保つことができるランニングコストの安いリフォーム法です。

詳しい手順はHPのウレタン塗膜防水のページ、防水工事日記に記載してありますので是非参考にしてください。

表面がぼこぼこしてきたなどベランダの床に変化が見られましたら、一度ご相談ください。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全98ページ中)