ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、SKY事務所です。

今回は水切についてお話ししようと思います。

水切と言われてもすぐにはピンとこないと思いますが、お家を守るのに大切な役割をもっています。

建物の窓枠の下や屋根の軒先、外壁と基礎の間、外壁と屋根の取合部に施工されている金物が水切です。

 

水切は字の通り水切れを良くし、雨水が建物内部に侵入しないようにする役目があります。

窓枠の下や軒先、屋根と壁の取合に水切がないと、壁を汚したり、やがては室内への雨漏りに続き木が腐朽してしまい、シロアリの侵食の原因となってしまいます。

水切があるおかげで雨水は水切を伝って落ちていき、水が溜まりにくくなり、壁の汚れや雨漏りを防いでくれます。

 

 下の画像は実際に水切を取り付けている様子です。

ぜひご参考にして下さい。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全84ページ中)