ページトップへ

スタッフブログ

おはようございます!

山口です。

今回は築50年ほどの建物の屋根についてお話しします。

現在、施工中の各務原市の屋根全面改修工事の現場の屋根について詳しく紹介します。

まず、築年数が50年経っていますと、今までの施工した現場もそうなんですが、

天井に断熱材が入っていません。

ですから雨が漏る様になると緩衝材もない為、

室内に大量の雨水が入ってきてしまいます。

また近年の野地は構造用合板が隙間なく貼られていますが、

当時は野地の幅が70〜120幅ぐらいで、

板と板との間が一枚分くらい隙間を空けて貼ってあります。

ですから、土葺きの瓦屋根の場合

経年劣化すると野地の隙間から砂や、土が降ってきてしまいます。

なので屋根をめくった時に天井裏を掃除機でしっかりと清掃しました。

新しい屋根材は土葺きではないのでこれからは心配ありません。

断熱材も天井に入っていませんから、

新しく施工した野地合板の上に遮熱防水シートを貼り、

断熱材付きの板金横葺き屋根材で仕上げました。

工事日記より掲載していますので、写真にてわかると思います。

工事日記はこちらから↓

  各務原市 O様邸工事

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全96ページ中)