ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!

山口です。

当然ですが建物は、経年劣化により、屋根や外壁の改修・補修工事が必要となります。

新築より10年間ぐらいのペースで工事が必要となります。

前にも紹介しましたが、屋根材料ではすでに30年保証付きの商品が発売されています。

新築でも、リフォームでも30年保証がついています。

すごいですよね!!

弊社でも毎月、この30年保証付きの屋根材で葺き替え工事をしています。

そしてこの度、外壁材でもこの30年保証付きの商品が発売されました。

ニチハ(株)のプラチナコート30という窯業系サイディングです。

30年間、変色褪色保証がついています。

この商品を施工して30年間、ノーメンテナンス保証です。

初期費用は4割ぐらい高額にはなりますが、6尺品ならば、通常10年目くらいまでに行うシーリングの打ち替え工事も不要です。

塗装リフォームや、シーリングの打ち替え工事が不要なので、トータルコストを考えたら、安くなります。

この外壁材と先に紹介した30年保証付きの屋根材を併せて使用したら、大幅なメンテナンスコストダウンにつながります。

新築時には多少高値になりますが、長い間でみてみると、本当に良い商品が発売されたと思います。

当然ですが、リフォームでも使用できますので、気になられた方は是非、私までご相談してくださいね!!

明日から台風がかなり近づくため、お気をつけくださいね。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全115ページ中)