コーキングの切れにご注意を!

サイディングとサイディングの間の継ぎ目は「目地」と呼ばれ、

この目地にはコーキングが施工されています。

 

北側よりも、紫外線が強い南側の外壁のコーキングのほうが

比較的劣化が早くなります。



こちらをご覧下さい。

完全に目地が切れてしまっている状態です。

IMG_0865.JPG IMG_0868.JPG

 

この状態を放置していると、ひび割れた目地から

雨水が入り、雨漏りの原因となることもあります。

内部の建材に雨水が入ってしまうと大修繕になりかねません。


そのためにもコーキング劣化が見られる場合、打ち直しが必要となります。

外壁を塗装リフォームする際は、

一緒に打ち直しを行うことをおすすめしています。


*ライン赤.jpg


<コーキング施工の様子>

既存のコーキングを撤去します。

P1060192.JPG

 

目地からコーキング材がはみださない様、

マスキングテープで周辺の養生を行います。

P10602000.JPG

 

サイディングの目地底となる部分には

ボンドブレーカー(赤色の部分)を使用します。

コーキングが底面(建物の構造部と接する部分)

に接着してしまうと建物の伸縮に耐えきれず

コーキングが切れてしまうためです。

 

目地の底面にはコーキングが付かないように

ボンドブレーカーやバックアップ材を使用し

サイディングとサイディングのみを接着させるように施工します。

P10601807.JPG

 

コーキングを目地に施工後表面を均して仕上げます。

P10602060.JPG

 

施工後、速やかにマスキングテープを剥がして完了です。

P10602005.JPG

 

完了

P10060202.JPG

 

ご自宅の外壁のコーキングは大丈夫ですか?

劣化が見られる場合は早目の修繕をお勧めします。

ぜひご相談下さい。

 

        雨漏り・屋根リフォームなどでお悩みの方は

    『ホームページを見ましたと、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 0120-8838-49

【無料相談受付時間  AM 8:00〜PM 20:00】

※土日祝日も相談できます。

 

 写真添付をして頂く場合は下記のメールアドレスにお願い致します。

メールアドレsky@amamori119-aichi.jp

ご相談・お問合せフォーム
お名前(必須)

(例:山田 ※苗字だけでもOKです。)
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
住所(必須)

(例:東京都豊島区東池袋1-1-1)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お問い合わせ内容(必須)
雨漏り修理についてのご相談
その他のお問合せ
(クリックしてチェックを入れてください。)
こちらからの返信方法(必須)
メール
電話
(※いずれかをお選びください。)
お電話を選ばれた場合の電話番号

(例:05-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ(必須)
※2500 文字以内でお願いします

(例:2階の一部屋で天井がにじんでいる。見積をお願いしたいのですが、●日に訪問可能ですか?)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る