屋根カバー工法(熱シャット工法下地)

屋根カバー工法とは

 

屋根カバー工法とは重ね葺きとも言い、

今ある屋根材の上に新たな屋根材を乗せる工法です。

今ある屋根材に 新しい屋根材の下地を

留め付けていかなければならない為

瓦屋根(陶器瓦、セメント瓦)だけは この工法が出来ません。

瓦屋根の方は 屋根葺き替え工事 をご覧ください。


時期→20年〜25年


<メリット> 

 @既設屋根の解体や処分が不要なので

  廃材処分等の費用が抑えられ、環境にも優しい

 昔のスレート屋根には、アスベストが入っており、

 撤去・解体を行う際粉塵などで有害物質が飛散します。

 そのため、撤去を行う際は厳しい基準に基づいて

 めくりを行わなくてはなりません。

 費用もぐっと高くなります。

 カバー工法で改修を行えば、

 有害物質を飛散させる事なく、

 産業廃棄物処分費もおさえられるので

 環境にもお財布にも優しい改修方法と言えます。

 

A 屋根が二重になることにより断熱効果が高まる

 二重構造になる事により、断熱性がぐっと上がります。

 もちろん太陽からの遮熱効果も高まります。

 さらに上にかぶせる屋根の下地に断熱材を施工する事により、

 さらに快適なお家に生まれ変わります。


そんな屋根カバー工法ですが、デメリットもあります。


<デメリット> 

@上からかぶせるため、下地が腐食していても

 そのままになってしまう

A屋根が二重になるので重くなり耐震的に不利

 現状の屋根の上に屋根を乗せるので、

 当たり前ですが屋根自体が重くなります。

 上に乗せる屋根材は、軽量のものがおすすめです。

 とはいえ、スレート屋根は瓦屋根よりずっと軽量であるため、

 2重屋根になってもまだ瓦屋根の方が重たいので、

 あまり過敏に心配しなくても大丈夫と言えます。

 

*ライン赤.jpg

 

それでは、屋根カバー工法の流れを見ていきましょう。


屋根カバー工法工事例です。

今回は 熱シャット工法下地で施工しました。


@今ある屋根面に屋根合板下地を張ります。

CIMG7465.JPG

 

A屋根合板下地の上に、遮熱ルーフィングを施工します。

 今回は、遮熱ルーフィングというルーフィングを使っています。

CIMG7468.JPG

 

ルーフィングとは、屋根を湿気や雨水から守る防水シートです。

こちらの遮熱ルーフィングは

更に遮熱効果が加えられた新しいルーフィングです。

防水シートなので もちろん水は通しませんが

空気は通すという材質です。

 

太陽熱を遮りますので、一般的なルーフィングと比較し、

高い遮熱効果で 屋根裏の温度を下げる効果があります。

省エネで快適なお家になります。

 

 B垂木を取付けます 。

 遮熱ルーフィングを施工した上に垂木を乗せ、

 通気層(風の通り道)を作ります。

CIMG7469.JPG

 

 

C垂木を施工した後 その上に再度屋根合板下地を張り、

 遮熱ルーフィングを張ったら 

 熱シャット工法下地の完成です。

CIMG7489.JPG

 

D新しい屋根材を施工します。

CIMG7624.JPG


E屋根カバー工法での屋根改修工事完工です。

DSCF0797 2.JPG


いかがでしたでしょうか、

工事の流れやご不明点等ございましたら

ご相談ください。

しっかりと改修を行う事により、

メンテナンスフリーで丈夫なお家に生まれ変わります。

 

        雨漏り・屋根リフォームなどでお悩みの方は

    『ホームページを見ましたと、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 0120-8838-49

【無料相談受付時間  AM 8:00〜PM 20:00】

※土日祝日も相談できます。

 

 写真添付をして頂く場合は下記のメールアドレスにお願い致します。

メールアドレsky@amamori119-aichi.jp

ご相談・お問合せフォーム
お名前(必須)

(例:山田 ※苗字だけでもOKです。)
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
住所(必須)

(例:東京都豊島区東池袋1-1-1)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お問い合わせ内容(必須)
雨漏り修理についてのご相談
その他のお問合せ
(クリックしてチェックを入れてください。)
こちらからの返信方法(必須)
メール
電話
(※いずれかをお選びください。)
お電話を選ばれた場合の電話番号

(例:05-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ(必須)
※2500 文字以内でお願いします

(例:2階の一部屋で天井がにじんでいる。見積をお願いしたいのですが、●日に訪問可能ですか?)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る